楽天が生み出した電子書籍リーダー

電子書籍の分野は海外に比べると劣っており、国内でも読めるようにする取り組みが進められています。Amazonが電子書籍に参入することを発表していましたが、それより前に電子書籍リーダーを発売したのが楽天です。そして商品名が楽天koboとなっています

これは最低限の機能を持たせてかなり安くしている電子書籍リーダーで、読むだけなら非常に便利な商品となっています。発売直後は売上を伸ばすために、購入するだけでポイントが大量に貰えるサービスも行われていました

最低限の機能しか持ち合わせていないため、他の電子書籍リーダーに比べると劣っている部分はあります。しかし電子書籍を読むだけなら、この商品でもいいのかなと思っています。楽天はそれなりに電子書籍を持っていますし、更にポイントを貰えるサービスも多数展開されています。こうしたサービスを利用しているうちに、他のリーダーより得をしていることもあるのです

気になったら楽天koboを調べてみるといいですよ。ちなみに今年から球場の名前にも使われるようになりました